Amazonマーケットプレイス保証を使う

クロネコヤマトのメール便を使っていて、万が一、配達事故にあった場合の対処方法です。

購入者から「まだ届かない」との連絡が来たら、まず、クロネコヤマトのHPの右サイドバーに「荷物のお問い合わせ検索フォーム」があるので、ここに不着になったメール便番号を打ち込み、荷物の配送状況を確認します。

配達状況が「投函完了」となっていたら、配達事故の可能性濃厚です。

購入者に「調べたところ、『投函完了』となっているが、まだお手元に届いていないということなので、配達事故の可能性が高い。今からクロネコヤマトに捜査してもらい、状況が分かり次第、連絡する」とメールします。

問い合わせシステムのメール便番号のリンクから、最寄の営業所の電話番号が分かるので、状況を伝え、捜査してもらいます。この際、送り主と送り先の名前、住所、電話番号を聞かれます。

状況が分かり次第、購入者に連絡をする。

荷物が見つからない場合は、Amazonマーケットプレイス保証を案内し、クレーム送信フォームからクレームを提出してもらいましょう。

まだ終わっていません。

次は、提出されたクレームに適切に対処しなければいけません。

クレームが提出されると、「【至急ご返答ください】Amazonマーケットプレイス保証クレームが申請されました」というタイトルのメールが届きます。

出品用アカウント内の「Amazonマーケットプレイス保証クレームを見る」からサインインし、きちんと配達した旨伝えましょう。

この処理を行わないと、購入代金がペイメントアカウントから引かれてしまいます。

X円の商品が売れたときに出品者に支払われる金額は、(0.85X+送料)円ですが、クレームに対する説明を行わなかったり、説明が認められないときに引かれる金額は、(X+送料)円です。確実にマイナスになりますので、クレーム処理は適切に行うようにしましょう。

このページの先頭へ