泉州銀行の外貨両替割引サービスよりお得な方法

泉州銀行の外貨両替手数料割引制度

泉州銀行は、独自の外貨両替手数料の割引サービスを実施しています。インターネットで無料で入手できる「外貨両替割引券」もしくは、JCBカード、池田銀行・泉州銀行発行のキャッシュカードを泉州銀行関西国際空港出張所(1階国際線ロビーにあります)で提示すると、店頭両替レートよりも顧客に有利なレートで外貨両替してくれるというものです。

現在は、1米ドルにつき50銭割引、1ユーロにつき60銭割引、1ポンドにつき1円50銭割引です。

すぐに海外旅行に行く人は、JCBカード1枚で割引になるこの制度を是非利用してみて下さい。

まだ、海外旅行に行くまで時間がある人、また、今後も行く予定のある人は、ぜひ以下で紹介する「泉州銀行の外貨両替手数料より圧倒的に安い外貨両替方法」をマスターして下さい。

泉州銀行の外貨両替手数料の1/60になるFX外貨両替

泉州銀行でイギリス・ポンドを購入しようとすると、1ポンドにつき12円(!)もの為替手数料が必要になります。その日のTTMレート(仲値。手数料を含まないレートのこと)が1ポンド148円の場合、泉州銀行のCash Selling Rate(対顧客現金売レート)は1ポンド160円ということです。

上記で紹介した手数料割引制度を利用して、やっと為替手数料は1ポンドにつき10円50銭になるに過ぎません。泉州銀行で円をイギリス・ポンドに外貨両替した場合は、手数料割引制度を利用しても10%近くは目減りすると考えてもらって良いでしょう。

しかし、外貨両替に最適なマネーパートナーズというFX証券会社と、銀行の外貨普通預金口座を利用すれば、この手数料を大幅に引き下げることができます。

その方法ですが、まず、マネーパートナーズで入金した円を自分の好きな時間にイギリス・ポンドに外貨両替します。この際の手数料は1ポンドにつき20銭と格安です。泉州銀行の手数料の実に1/60です。

マネーパートナーズからは月に5回まで無料で出金が可能です。

出金先としては、みずほ銀行が最適です(他の都市銀行、地方銀行であっても、外貨普通預金口座を作れる銀行であればどこにでも出金可能です)。例えば大阪府であれば、みずほ銀行梅田支店や堂島支店、大阪中央支店などです。なぜ、みずほ銀行かというと、みずほ銀行の外貨現金の出金手数料が格安だからです。

外貨の出金手数料が一律1000円と格安です。

海外旅行までまだ時間がある人、今後海外旅行に行く予定がある人は、是非この方法をマスターして、外貨両替手数料を余計に払わないようにして下さい。アメリカ・ドル、イギリス・ポンド、ユーロ、スイス・フラン、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドルで使える手法です。

マネーパートナーズの口座開設は最短翌日、3日程度あれば、外貨両替手続きも完了します。みずほ銀行の口座開設は完了まで約1週間程度です。最短で外貨両替を行いたい場合は、(いずれも未開設の場合は)同時申し込みがいいでしょう。

マネーパートナーズは現在、キャンペーン中で、口座開設をしてログインをすると3000円、入金するとさらに2000円をプレゼントしてくれます。外貨両替にかかる手数料より多く現金がもらえてしまうキャンペーンですので是非利用してみて下さい。

入会金・年会費無料。入金手数料無料。
外貨の出金手数料が月5回まで無料。
口座開設で合計5000円のキャッシュバックキャンペーン中。
わからないことがあれば、フリーダイヤルで質問可能です。
マネーパートナーズの詳細はこちら
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

ちなみに、以下は1ポンド=150円と仮定した場合の、両替手数料の比較表です。圧倒的な差がわかると思います。

2000ポンド5000ポンド10000ポンド
マネーパートナーズ
+
みずほ銀行
1,400円2,000円3,000円
泉州銀行+JCBカード21,000円52,500円105,000円
泉州銀行24,000円60,000円120,000円