SBIカード申し込み前に必須のチェック事項

SBIカード申し込みの前に利用予定金額を確認しましょう


【SBIカード徹底研究】メニュー

SBIカード株式会社が発行するSBIカード(MasterCardブランド)。SBIカードの還元率は初年度から1.0%~1.2%と高く、魅力的です。

SBIカードの場合、貯めたポイントは即時に現金で指定銀行口座(自動引き落としに使用している銀行口座)に振り込まれます。用途の限られたポイントでしか還元されない楽天カード(還元率1.0%)よりもお得と言えます。楽天カードのポイントは大抵、楽天市場購入時の【送料】に消えてしまいますよね・・・

還元率が高く魅力的なSBIカードですが、注意点もあります。それは、年間の利用金額が少ない人はSBIカードの高還元率の恩恵にあずかれないかもしれない、ということです。

どういうことかというと、SBIカードのポイント(サークルポイントといいます)は5000ポイント貯めないと現金に交換できないのです。SBIポイントの有効期限は付与された日から2年間となっています。つまり、入会から2年間の間に最低でも5000ポイント貯めないと、貯めたポイントはフイになってしまいます。

新規入会時のキャンペーンを利用すると1000ポイント貰えますので、実際には2年間で最低でも4000ポイント必要です。1ヶ月当たり16666円です(400000円÷24=16666円)。一月当りの利用金額がこれより少ない人は、毎月ポイントで還元される楽天カードの方がおすすめです。

毎月の利用金額が16666円より多い人は、即時現金還元されるSBIカードがおすすめです。

ただし、SBIカード会員は、SBIカードモールというポイントサイトを使うことができます。ここからネットショッピングをすると、SBIカードポイントのボーナスポイントを獲得できますので、ネットショッピングをよく利用する人は、毎月の利用金額が16666円より少なくてもキャッシュバック必要ポイントまで達っすることができると思います。

SBIカードのお申込はこちらから 年会費 還元率
無料 1.0%~1.2%
カードの特徴
  • モバイルSuicaチャージ分もサークルプラスのポイント付与対象
  • カード代金の引き落とし日を自由に選択できる(1日~31日まで)
  • 引き落とし口座を5つまで設定できる(自動引き落とし用の優先口座1+予備の通常口座4)
  • 血縁関係に関わらず10枚まで家族カードを発行可能(1名までは無料、2名以降は1枚525円
  • ピンク、グリーン、ブルーの券面にはサークル部分にリアル・パールを使用
  • 国内・海外旅行傷害保険ともに最高2000万円まで。しかも家族特約付き
  • 住信SBIネット銀行に米ドル普通預金口座を開設すると、SBIカードでドル決済が可能