SBIカードのドル建て決済サービス

SBIカードは米ドル建ての支払いができる


【SBIカード徹底研究】メニュー

SBIカードの3カード(レギュラー、ゴールド、プラチナ)はドル建て支払いのクレジットカードとしても使うことができます。SBIカードの「ドル決済サービス」というものです。これは、米ドル建ての支払いを、円に換算することなく、米ドルのまま口座引き落としするサービスです。円換算時の為替手数料が発生しませんので、為替手数料を抑えることができます。

SBIカードの米ドル決済サービスを利用するには、住信SBIネット銀行に米ドル普通預金口座を持っていることが条件になります。逆に言えば、これしか条件がありません。

住信SBIネット銀行に円が入金されていればすぐに米ドル普通預金口座を持つことができます。米ドルを買い付けるときの手数料はわずか1米ドルあたり9銭です。マネーパートナーズなどのFX証券会社のコンバージョン時の手数料と変わらない低手数料で外貨の買い付けができます。

SBIカードは、アメリカのamazon.comやペイパル(paypal)で米ドル建ての支払いをする機会が多い人におすすめの高機能クレジットカードです。キャッシュバック還元率も1.0%~1.2%と高いです。キャッシュバックを申し込めばすぐに引き落とし用の口座に入金される点もいいです。

SBIカードのドル建て決済サービスの注意点

まず、SBIカードでの実際の決済方法を紹介します。米ドル建ての支払いをしたら、締め切り日以降に、SBIカードの会員専用画面からオンラインチェックをしてください。米ドル建ての明細にチェックを入れて、支払い口座として住信SBIネット銀行を指定します。住信SBIネット銀行に米ドル普通預金口座があれば、そのドル口座から自動的に引き落としがされます。

ここからが注意点ですが、ドル建て明細をオンラインチェックしたら、続けて(円建ての支払いがある場合は)円建ての支払いもオンラインチェックして下さい。米ドル建て明細のオンラインチェックをすると、口座引き落とし日の自動引き落としがなくなります。

この点さえ気をつけていれば、SBIカードはドル決済用のクレジットカードとして大変便利に使えます。

⇒SBIカードドル建て決済サービスの詳細はこちら