スマートフォン決済サービス

楽天スマートペイやPaypal Hereなどのスマートフォン決済サービスを利用すれば、低コストでクレジットカード決済を導入することができます。

スマートフォン決済サービスは、スマートフォンのイヤフォンジャックに小型カードリーダーを取り付け、専用のアプリをインストールして、スマートフォンを決済端末にする仕組みです。日本でも、アップルストアはこの仕組みをいち早く取り入れていましたので、ご覧になった方もいるかも知れません。

決済のフローは下図を参考にしてください(楽天スマートペイ)。

決済フロー画像

カード会社と加盟店契約を結ぶには、厳格な加盟店審査と高い初期費用、高い手数料という大きなハードルがありましたが、楽天スマートペイやPaypal Hereなら、小規模な個人事業主でもお手軽、低コストで導入することができます。

据え置きのクレジットカード決済端末と違い、訪問販売、古本市などの催事でも利用することができます。

楽天スマートペイとPaypal Hereを比較する

楽天スマートペイ Paypal Here
契約 オンライン契約 ペイパル・ジャパン
運営会社 楽天株式会社 ペイパル・ジャパン
対応端末 iPhone、iPad(iOS4.3以上)、Android(Android OS2.3以上) SoftBank契約のiPhone、iPad(iOS4.0以上)
カードリーダー形状
サイズ:幅27mm×高さ27mm×奥行14mm
重量:12g
※デザインは佐藤可士和氏が監修。
対応クレジットカード VISA、MasterCard、楽天カード(JCBブランド含む) VISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS
領収書(レシート) 電子メール 電子メール
初期費用 2,980円(カードリーダー購入費用) 1,260円(カードリーダー購入費用)
月額利用料 0円 0円
決済手数料 4.9% 5.0%
入金サイクル 振込先口座が楽天銀行の場合、カード決済取引の翌日に送金。楽天銀行以外の金融機関の場合、振込申請をした翌営業日に送金。 即時にPaypalアカウントに反映
入金手数料 楽天銀行:無料
楽天銀行以外の金融機関:200円
250円
※引き出し額が50,000円以上の場合無料

このページの先頭へ