楽天カード申し込み審査の前の注意点


楽天カードのポイント還元率についての誤解を解く


楽天カード申し込み審査の前の注意点です。

楽天カードについてよく誤解されている点として、「楽天カードを楽天市場で使うとポイント2倍」があります。

楽天カードのポイント還元率は1%です。どこでつかっても、100円につき1円分の楽天ポイントが付与されます。

楽天市場では、現金で払っても、楽天カードで払っても、楽天以外のクレジットカードで払っても、楽天会員でさえあれば(楽天市場を利用するのに楽天会員登録しない人はまれでしょう)、購入金額の1%分のポイントが付与されます。

つまり、(楽天カード以外の)還元率1%以上のクレジットカードを使って、楽天市場で支払いを行えば、

「1%以上の還元率」+「楽天購入ポイント1%」の両方が獲得できて、還元率は2%以上になります。楽天カードよりお得になります。

ここでは、還元率1.75%の漢方スタイルクラブカードを使って、比較してみます。

漢方スタイルクラブカードと楽天カードの比較



まず、漢方スタイルクラブカードの基本スペックから。

漢方スタイルクラブカードの基本機能
漢方スタイルクラブカード
基本性能 Jデポジット還元率:1.75%
薬日本堂商品割引券:3.5%

ETCカードの発行:無料
年会費 初年度無料(2年目以降、1575円)
国際ブランド JCB
入会後、3ヶ月以内の利用金額に応じてJデポジットプレゼント。
5万円以上7万円未満のご利用  → Jデポ2,000円プレゼント
7万円以上10万円未満のご利用  → Jデポ3,000円プレゼント
10万円以上のご利用  → Jデポ5,000円プレゼント

年間2000ポイント獲得で、250ポイント(1250円分)プレゼント
年間3500ポイント獲得で、500ポイント(2500円分)プレゼント

入会時にもれなく、薬日本堂商品券1000円or1DAYセミナー1回無料券
国内旅行傷害保険自動付帯
海外旅行傷害保険付帯(旅行代金をカード払いした場合)
ショッピングガード保険はなし

初年度年会費無料ですので、1年目の還元率は、1.75%+1.0%で2.75%です。楽天カード入会ボーナスと比べても遜色のない入会ボーナス特典があるので、還元率だけを考えるならば、漢方スタイルクラブカードの方がお得です。ETCカードの発行が無料のところも嬉しいです。ETCの利用でも1.75%の還元率を享受できます。

2年目以降はどうでしょうか。漢方スタイルクラブカードを年間約50万円(一ヶ月あたり約4万円ちょっと)利用すれば、ボーナスポイントでほぼ年会費も相殺されてしまいますが、仮にこの条件がないとして、楽天カードと比較してみます。

楽天カードとの年会費の差は1575円、還元率の差は0.75%ですから、1575円÷(0.75/100)で、損益分岐点が出ます。

1575×(10000/75)=210,000円です。

年間21万円クレジットカードを利用する人なら、漢方スタイルクラブカードがお得。それ以下の人は、楽天カードがお得といえます。

ただし、漢方スタイルクラブカードには、弱点があります。
国際ブランドがJCBのみです。ポイント交換の手続きが郵送なので面倒くさいです。
あくまでもポイント還元率最優先という人におすすめです。

楽天カードは、VISA、JCBが選べます。曜日限定&楽天市場での買い物のみという二重の限定はつきますが、ポイントが2倍(還元率2%)になるときがあります。また、楽天市場の買い物に限ってですが、ショッピングガード保険が付いています。ポイントは自動的に還元されるので楽ちんです。しかし、ETCカードの発行には525円かかります。

「楽天カード申し込み審査前の注意点」のまとめとしてはこうなります。

年間21万円以上使う人。 
還元率最優先の人。
初年度だけお試し派。
漢方スタイルクラブカード
    年間21万円未満の人。
楽天グループ利用が多い人。
面倒くさいことは嫌いな人。
楽天カード