ポーラスターカードプラスは最強クレジットカード 高還元率・高補償

ポーラスターカードプラスは還元率が高く、補償も手厚いクレジットカード

ポーラスターカードプラスは、メインカードにふさわしいクレジットカードです。還元率の面でも、保険の面でも優秀なクレジットカードです。還元率が高ければカード利用が即節約に繋がり、保険が充実していれば安心してカード決済できます。ポーラスターカードプラスを公共料金の支払いや、日々のネットショッピング、リアル店舗での支払いなどに活用して下さい。 以下では、最強クレジットカードとの呼び声も高い「ポーラスターカードプラス」の還元率、保険内容を紹介していきます。

ポーラスターカードの還元率は1.7%

ポーラスターカードプラスの還元率は1.7%もあります。一般的なクレジットカードの還元率が0.5%ですから、その3.4倍もの還元率になります。

ポーラスターカードプラスでショッピングをすると、1%割引された金額で請求されます。

例えば、50000円のネットブックを購入した場合、500円割引された49500円として請求されるということです。

そして、1%割引とは別に、購入金額1000円につきポケットポイントが2ポイント付与されます。このポイントはNTTドコモ、au by KDDIのポイント、Yahoo!ポイント、Gポイントに1ポイント=3.5円の交換レートで交換可能です。1000円につき7円相当ですね。請求時に1%割引されて、さらに0.7%分のポイント還元もプラスされるわけです。

ポイントの交換先は他にもあります。ジャパンネット銀行、イーバンク銀行へキャッシュバックを希望する場合は、1ポイント=3円相当としてキャッシュバック可能です。ポイントをQUOカード、ジェフグルメカード、UCギフトカード、図書カードなどの金券に交換したい場合は1ポイント=3.3円相当のレートで交換できます。

まとめると、ポイントへの交換なら1.7%の還元率、金券への交換なら1.66%の還元率、現金への交換なら1.6%の還元率になるわけです。

実は、楽天市場でも、楽天カードを使うより、このポーラスターカードプラスを使った方がお得なのです。楽天カードを使った場合は、楽天カードの還元率1%+楽天市場のポイント1%の計2%ですが、ポーラスターカードプラスなら、カードの還元率1.7%+楽天市場のポイント1%の計2.7%も還元されます。「楽天カードを楽天市場で利用すると2%のポイント」というのは若干誤解されやすい謳い文句ですね。

楽天カードの年会費は0円。一方、ポーラスターカードプラスの年会費は3150円かかります。しかし、公共料金や、ネットショッピング代、リアル店舗での支払いなどで年間に45万円以上利用している人なら、年会費がかかっても、ポーラスターカードプラスを使った方がお得になります。45万円というのは、二つのカードの損益分岐点です。45万以上利用するなら、ポーラスターカードプラス、45万円未満なら楽天カードの方がお得になります。以下に年間のカード利用金額に対する還元額を紹介します。

カード名 ポーラスターカードプラス
(還元率1.7%)
楽天カード
(還元率1.0%)
イオンカード
(還元率0.5%)
年間45万円利用した場合の還元額 7650円相当-(年会費3150円)=4500円 4500円相当 2250円相当
年間50万年利用した場合の還元額 8500円相当-(年会費3150円)=5450円 5000円相当 2500円相当
年間100万円利用した場合の還元額 17000円相当-(年会費3150円)=13850円
10000円相当 5000円相当
年間150万円利用した場合の還元額 23500円相当-(年会費3150円)=20350円 15000円相当 7500円相当
年間200万円利用した場合の還元額 34000円相当-(年会費3150円)=30850円 20000円相当 10000円相当
年間300万円利用した場合の還元額 51000円相当-(年会費3150円)=47850円 30000円相当 15000円相当
年間500万円利用した場合の還元額 85000円相当-(年会費3150円)=81850円 50000円相当 25000円相当
年間1000万円利用した場合の還元額 170000円相当-(年会費3150円)=166850円 100000円相当 50000円相当

利用金額が45万を超えて大きくなればなるほど、両者の還元額の差は大きくなっていきます。還元率が低いイオンカードなどはイオン系列の店での決済専用にするのがいいでしょう。イオンカード系列店以外の一般加盟店で使うのには向いていません。

ポーラスターカードプラスはショッピング保険付きなので安心して使える

ポーラスターカードプラスには、年間50万円までの購入商品安心保険(引受先はあいおい損害保険株式会社)が付いています。カードで購入した商品を誤って壊してしまったり、購入商品が盗難されてしまった場合に保険金が支払われる保険です。リアル店舗での購入品、ネットでの購入品を問わず、適用されます。ネットショッピングをするカードには是非付いていて欲しいのがこのショッピング保険です。購入日から90日以内の盗難、破損事故が補償されます。

また、海外旅行傷害保険が自動付帯しています。自動付帯とはカード会員であるというだけで保険が適用されるという意味です。死亡・後遺障害保険金は最高2000万円、海外旅行時のケガ・病気の入院費用などを補償してくれる疾病治療費用保険金・傷害治療費用保険金はそれぞれ最高200万円です。旅行行程中に他人の財物を破損させてしまったり、他人の身体を害してしまった場合に適用される賠償責任保険の保険金額は最高2000万円、携行品損害は最高20万円、救援者費用保険は最高200万円までセットされています。

国内旅行傷害保険は利用付帯ですが、傷害死亡・後遺障害保険金額が最高2000間円となっています。利用付帯とは、国内旅行に使う公共交通乗用具、宿泊ホテル、参加するツアーの代金などを、このポーラスターカードプラスで決済した場合に補償されるという条件付き保険のことをいいます。これらの旅行費用は、還元率の高いポーラスターカードプラスで払った方がお得なのですから、積極的にカード払いしましょう。

国際ブランドはVISA、マスターカード、JCBから選べます。海外に強いVISAが選べる点も嬉しいですね。

楽天カード、イオンカードの保険内容と比較すると以下の表のようになります。楽天カードにはショッピング保険と国内旅行傷害保険が付いていません。イオンカードには、国内・海外共に旅行傷害保険が付いていません。

より安心して使える、という点で、ポーラスターカードプラスと楽天カードの損益分岐点は実質的にもう少し低く見積もってもいいでしょう。実質的な損益分岐点は35万円程度でしょうか。

カード名 ポーラスターカードプラス
楽天カード
イオンカード
ショッピング保険 年間50万円まであり なし
※楽天市場での購入商品の
未着時のみ補償
年間50万円まで
海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯 利用付帯 なし
死亡後遺障害 2000万円 2000万円 なし
傷害治療費用 200万円 200万円 なし
疾病治療費用 200万円 200万円 なし
賠償責任 2000万円 2000万円 なし
携行品損害 20万円 20万円 なし
救援者費用 200万円 200万円 なし
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害 2000万円 なし なし

※イオンカードにも以前には申告制の海外旅行傷害保険が付いていました。海外旅行前にイオンのカードデスクに海外旅行に行く旨を連絡すると、保険がセットされました。しかし、このサービスも2006年6月30日をもって終了してしまいました。国内旅行傷害保険は以前から付帯していません。

ポーラスターカードプラスの弱点

以上のようにポーラスターカードプラスは高還元率と手厚い補償を備えています。メインのカードにふさわしいクレジットカードです。最強クレジットカードと呼び声高いのも頷けます。アマゾン(マーケットプレイス含む)や楽天市場、Yahoo!ショッピング、スーパーやレストランなど基本的に全てのカード決済はこのカードに集中させていいでしょう。イオンカード系列のお店でショッピングをするときだけイオンカードを使い、週末の楽天市場での購入時のみ楽天カードを使うのがいいでしょう。

しかし、国民年金保険料の支払いは請求時1%割引の対象外となっています(電気・ガス・水道・NTT・NHKスペシャルなどの支払いはしっかり1%OFF+ポイント付与されますのでご安心下さい)。0.7%分のポイント還元はつきます。国民年金保険料を自分で支払う自営業者・個人事業主の方は、国民年金保険の支払いだけは、楽天カードなど他のクレジットカードで支払った方がいいでしょう。(支払いでトラブルの起こる可能性がきわめて低い)公共料金などの支払いは、ショッピング保険が付いてないクレジットカードでも大丈夫です。

ポーラスターカードプラスの1%OFFとポイント還元の詳細はこちらから