OMCカード申し込みと審査結果の記録

ダイエー系列店舗の利用者にお得なOMCカード


OMCカード申込みは、ポイントサイト経由がお得です

omcカード(現・セディナカード)の申込みは、ポイントサイト・げん玉から行うのがおすすめです。げん玉からOMCカードの申し込みをすると、40000ポイントが貰え、これは4000円の現金、Yahooポイント、VISA商品券や図書カードなどのギフト券に交換できます。

普通に公式サイトに行って、申し込むとこのポイントは貰えませんので注意して下さい。楽天市場やYahooショッピング、ニッセン、無印良品ネットストアなどもこのポイントサイトを経由するだけで、楽天やYahooなどで通常貰えるポイントとは別に、ポイントが貰えますのでお得です。ネットで何か購入するとき、また、ネットからクレジットカードなどの申し込みをするときはげん玉にそのショップがないか確認することをおすすめいたします。

ちなみに、げん玉は株式会社リアルワールドの運営する大手ポイントサイトです。リアルワールドはサッカーJ1・大分トリニータの公式スポンサーでもあります。

OMCカード申込みから審査連絡まで

それでは、OMCカード申込みと審査結果の記録です。

まず、「当日発行」コースを選びます。

勤務区分は「自営業(自由業)」。会社名は「自分の屋号」。勤務先住所は「自宅」。業種は「小売業・卸売業」。

所属部門・役職は空白のまま。職種は「経営者」。従業員数は「30人未満」。借入金額は「0」と記入しました。

全て入力し終わると、



と表示されます。

待つこと5分にして、電話が。これは本人確認の電話です。

「5分ほどで審査が終わります。審査結果は別の担当のものがご連絡しますので」と言われました。

審査結果の電話

そして、ホントに5分後に審査結果お知らせの電話。

ここで、最寄のOMCカード受取可能な店舗を教えてもらえます。

「やっぱり、取りに行くのはメンドクサイ」ということであれば、郵送に切り替えることもできます。

郵送の場合、大体3、4日後には受け取れます。


OMCカード受付センターは、9時から21時まで営業です。20時半くらいまでに申し込めば(混み具合にもよりますが)、当日中に審査結果を知ることができると言われました。

土日も受け付けています。 ただし、本人確認が勤務先の場合だと、会社が休みのことが多いので、その日のうちに結果が分からないこともあるようです。

当日受取可能なカードは、ダイエーグループのみで利用できる「仮カード」になります。「仮カード」でもその日からキャッシングが可能です。

現在、OMCカードは「ゼロプラン」という特典プログラムを実施しています。入会後一ヶ月以内の最初の借り入れは、7日間無利息です。

本カードは、後日郵送されます。

OMCカードの海外・国内の旅行傷害保険について

OMCカードは海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険がともに付帯しています。

海外旅行傷害保険は自動付帯です。カードを持ってさえいれば、保険が適用されます。

旅行前に特別な手続きは必要ありません。日本出国後3ヵ月後まで有効です。これによって、保険が効かない海外での病気・怪我等による入院・通院に備えることができます。

ライバルのイオンカードにも無料の海外旅行傷害保険はあるのですが、出発日の3週間前までにコールセンターに連絡し、出発日の2週間前までに、申込用紙を送らないといけません(自動付帯の保険ではない)。

国内旅行傷害保険は、OMCカードで航空チケットやJRのチケットを買うと、自動的に適用されます。

イオンカードには、国内旅行傷害保険は付いていません。

利用金額に応じて、(イオンカードの)最大2.2倍にもなるポイント還元率、ダイエー系列各店舗での優待(第2・第4日曜は、ダイエー系列各店舗でカードの利用で5%OFF)等を考えるとコスト・パフォーマンスは悪くないカードだと思います。

omcカード(現・セディナカード)の申込みは、ポイントサイト・げん玉から(4000円の現金が貰えます)