台湾ドルの両替方法 有利な為替レートで行おう

台湾ドルの両替にはクレジットカードのキャッシングが便利です

台湾ドル(台湾元)の両替方法としては、玄関口である台湾桃園国際空港(Taiwan Taoyuan International Airport)、高雄国際空港(Kaohsiung International Airport)にある両替所や市中銀行を使う方法が一般的ですが、それ以上に簡便で換算為替レートが有利な方法を紹介します。それは、クレジットカードのキャッシングで台湾ドルを調達する方法です。

クレジットカードによるキャッシングで台湾ドルを調達した場合は、為替手数料と金利手数料がかかります。まず為替手数料ですが、換算為替レートは、クレジットカード会社が定める「基準レート」というもので決定され、この「基準レート」は当日の実際の為替レートとそう大差がありません。なお、クレジットカードのショッピング機能を使った場合は、「基準レート」+1.6%~2.5%程度の事務処理経費が加算がされます。

一方のキャッシングによる手数料ですが、クレジットカードでのキャッシング利率は大体18.0%ですので、一ヶ月後に返済すると1.5%程度です。クレジットカードによるキャッシングは1.5%程度の金利手数料はかかりますが、為替手数料はほとんどかからないという点でお得です。

これに対して、国際キャッシュカードは、クレジットカード会社が定めた為替レートに3%~4%乗じたレートで換算されます。さらに利用1回ごとに200円程度の手数料がかかる場合があります。クレジットカードによるキャッシングをした場合の手数料に比べると高くなり、不利です。

無数の銀行ATMやコンビニがある、台北のような都市では、クレジットカードでのキャッシングによる台湾ドル調達が便利です。

クレジットカードの中では、三井住友VISAカードMUFGカード ゴールド(実質4年年会費無料のゴールドカード)などのVISAブランドの付いたクレジットカードがおすすめです。旅行保険も付帯します。いずれのカードも、海外キャッシング一回払い(元利一括返済)が利用できるので余分な金利手数料を払う必要がありません。

念のため、VISAかMASTERブランドの付いたクレジットカードを2枚持ち、更に保険として国際キャッシュカードも持参するというのがいいかもしれません。