個人事業主・自営業者向けクレジットカード 最強の組み合わせ

個人事業主・自営業者のクレジットカード還元額を最高にする

経費の支払いでクレジットカード利用金額が多い個人事業主・自営業者の方。そのような方に最適なクレジットカードを紹介します。

下記でそのお得さを説明していたポケットカード株式会社の「ポーラスターカードプラス」は募集終了してしまい、現在は入手不可能です(打ち消し線部分)。

現在、メイン使用としておすすめできるのは、還元率の点からはジャックスのリーダーズカード(Visa)(1.5%もしくは1.8%)と漢方スタイルクラブカード(JCB)(1.75%~2.0%)です。

個人事業主・自営業者が営むビジネス上の有意義なサービスの提供という点からは、ダイナースクラブ ビジネスカードをお薦めいたします。販路拡大や助成金活用など、経営上の課題や疑問に対して、専門家が解決の糸口をアドバイスしてくれる「ビジネス・コンシェルジュ」(日本BPOが提供)、商談や待ち合わせ場所として使えるダイヤモンド経営者倶楽部メンバー限定のラウンジ「銀座サロン」の利用、オフィス関連用品を特別価格で購入できる優待プログラム「ビジネス・オファー」などクレジットカードという枠を超えたサービス提供してくれます。2012年度中には、ダイナースクラブ ビジネスカードの利用データを会計ソフト(弥生会計?)を連携させる機能も追加予定されています。もちろん、社員、従業員、青色専従者に対して追加カードを発行することも可能です。

2013年3月末日までに申しこめば、名誉ある創立会員の称号が進呈され、3名様以降の年会費についても初年度は無料となる特典が得られます。

ダイナースクラブビジネスカード画像

まずもっとも大事なのがメインカードです。メインカードには、還元率が1.7%と高いポーラスターカードプラスが最適です。請求時に1%割り引かれた金額で請求されますので、基本的に全てのカード決済が1%割引となります。さらに0.6%~0.7%分のポイントも貯まります。現金キャッシュバックを希望するなら、還元率1.6%、商品券バック(ジェフグルメカード、UCギフトカード、図書カード、QUOカード)を希望するなら1.66%、ポイントバック(auポイント、ドコモポイント、Gポイント、Yahoo!ポイント)を希望するなら1.7%還元率となります。

購入商品安心保険も付いていますので、ネットショッピングでも安心して利用できます。ネットショッピング、リアル店舗でのショッピングを問わず、購入商品を誤って壊してしまった場合、盗難されてしまった場合に補償される仕組みです。
さらに、海外旅行傷害保険も自動付帯しています。

年会費は3150円かかります。しかし、利用金額が多い個人事業主、自営業者の方なら、年会費無料の低還元率クレジットカードを使うよりお得になります。年間利用金額と還元額の関係をまとめた以下の表をご覧下さい。

カード名 ポーラスターカードプラス
(還元率1.7%)
楽天カード
(還元率1.0%)
イオンカード
(還元率0.5%)
年間45万円利用時の還元額 7650円相当-(年会費3150円)=4500円 4500円 2250円
年間50万円利用時の還元額 8500円相当-(年会費3150円)=5450円 5000円 2500円
年間100万円利用時の還元額 17000円相当-(年会費3150円)=13850円
10000円 5000円
年間150万円利用時の還元額 23500円相当-(年会費3150円)=20350円 15000円 7500円
年間200万円利用時の還元額 34000円相当-(年会費3150円)=30850円 20000円 10000円
年間300万円利用時の還元額 51000円相当-(年会費3150円)=47850円 30000円 15000円
年間500万円利用時の還元額 85000円相当-(年会費3150円)=81850円 50000円 25000円
年間1000万円利用時の還元額 170000円相当-(年会費3150円)=166850円 100000円 50000円

サブカードには漢方スタイルクラブカード

(※)次のパラグラフからの文章は、ポーラスターカードプラスの募集が行われていた時代に、その補完として漢方スタイルクラブカードを薦めた文章です。しかし、現在は、リーダーズカード、漢方スタイルクラブカードをメイン、サブ関係なく使用すればいいでしょう。ともにモバイルSuicaチャージでもポイントが貯まります。後者のみnanacoチャージにも対応しています。

基本的に全てのカード決済は、ポーラスターカードプラスにしてもいいくらいです。しかし、より得をしたい場合は、還元率1.75%の漢方スタイルクラブカードをサブカードとして使うといいでしょう。漢方スタイルクラブカードを何の支払いに使うかというと、個人事業主・自営業者の方の国民年金保険料とETCカード代金の支払いです。

なぜなら、国民年金保険料、ETCカード代金の支払いは、ポーラスターカードプラスの「請求時1%OFF」対象外だからです。ポーラスターカードプラスで年金保険料、ETCカードを払った場合は、0.6%~0.7%のポイント還元のみとなります。もちろん、所持カードを1枚にしたい場合は、ポーラスターカードプラスのみでもいいでしょう。

漢方スタイルクラブカードは、初年度年会費無料で、翌年度からは1575円の年会費がかかりますが、還元率が1.75%と高いので、カード決済額の多い人におすすめです。

漢方スタイルカード新規入会後、3ヶ月以内に10万円利用すれば5000円のキャッシュバックがあります。さらに年間57万1000円利用すると、1250円相当のポイント、年間100万円利用すると2500円相当のポイントがもらえます。利用金額が多い人には、年会費の存在は無視できるレベルと言っていいでしょう。

漢方スタイルクラブカードで年間100万円利用した場合と、還元率1.0%の楽天カード(年会費無料)、還元率0.5%のOMCカード(年会費無料)を利用した場合の還元額は以下のようになります。この差は、利用金額が大きくなればなるほど大きくなることはいうまでもありません。

クレジットカード名 漢方スタイルクラブカード 楽天カード OMCカード
還元額 17500円 10000円 5000円
年会費 1575円 無料 無料
トータルの還元額 15425円 10000円 5000円


なぜ、還元率1.75%の漢方スタイルクラブカードをメインカード候補に挙げなかったかというと、漢方スタイルクラブカードにはショッピング保険(購入商品安心保険)が付いていないからです。国民年金保険料やETCカードの決済などの公共性の高い支払いには向いていますが、ネットショッピングには向いていません。

また、漢方スタイルクラブカードのキャッシュバック手続きをネットでできない点もマイナスポイントとなっています。切手を用意しての、郵送によるキャッシュバック手続きが必要です。請求時に自動的に1%割引+ネットでポイント交換手続きが可能なポーラスターカードプラスの方がその点は優れています。

また、ポーラスターカードプラスは国際ブランドをVISA、MASTERCARD、JCBから選択可能ですが、漢方スタイルクラブカードはJCBのみです。海外ショッピング時、海外での現地通貨調達に便利なキャッシング時には、VISA、MASTERCARDに軍配が上がります。

税金の支払いにはファミマTカード

最強の組み合わせ以上のメインカード、サブカードでかなりの金額の還元額を得られますが、とどめは税金のクレジットカード払いです。

ファミマTカードのみが、税金のクレジットカード払いによるカード利用ポイント獲得が可能です。ファミマTカードのポイント還元率は0.5%と低いですが、高額な税金に悩んでいる人には多少の慰めにはなるでしょう。また、クレジットカード払いが可能ということは、支払期限の延長が可能ということです。ファミマTカードの場合、月末締めの翌々月10日払いです。この点も個人事業主・自営業者には嬉しい点でしょう。

住民税、所得税、所得税の予定納税、個人事業税、固定資産税など、バーコードの付いた払込用紙で支払える税金は、ファミマTカードによるカード決済が可能です。税金を少しでも節約したい人は、税金の口座引き落としではなく、ファミマTカード払いを選ぶといいでしょう。ファミマTカードは年会費無料です。

なお、ファミマTカードは、初期設定で「リボ払い」となっています。初回利用金額が確定したら、必ず「全額一括払い」に変更しておきましょう。

まとめると、以下のようになります。

カード名 支払い用途
ダイナースクラブ ビジネスカード
リーダーズカード
漢方スタイルクラブカード
ポーラスターカードプラス※入会終了
・全般
・国民年金保険料
・ETC利用代金
ファミマTカード ・税金