短期海外出張(旅行)の疾病保険は無料クレジットカードでカバーする

疾病治療保険・傷害治療保険は海外旅行傷害保険の中でもっとも利用可能性の高い保険です。

2008年にAIUが、虫垂炎(盲腸)の診療費用(2泊3日)の国際比較を行いました。それによると、アメリカ合衆国サンフランシスコ250万円、ホノルル195万円、スイス・ジュネーブ297万円、イギリス・ロンドン151万円、香港90万円、オーストラリア・シドニー86万円という結果でした。一方、日本において虫垂炎で「7泊8日」入院した場合の費用は40万円程度(自己負担額はその1~3割)とされています。仮にサンフランシスコで7泊8日も入院すれば、その費用は莫大なものとなるでしょう。

国民健康保険や会社の社会保険に加入していれば、帰国後に「海外治療費」として一部払い戻されることがあります。しかし、その金額は、日本国内で同様の保険診療を受けた場合の費用を基に決定されます。上のケースで言えば、海外で250万円の費用を負担したのに健康保険から払い戻される金額は40万円の(7割~9割)という事態が起こりえます

このような場合にあると助かるのが海外旅行傷害保険の疾病治療保険・傷害治療保険です。

保険会社で疾病治療保険・傷害治療保険を用意しようとすると、6日程度の保険でも2,500円以上、30日程度の保険で7,000円以上、90日間なら25,000円程度かかります。

クレジットカード自動付帯の旅行傷害保険を利用すれば、同程度の保険を無料でカバーすることもできます。年会費無料で、疾病治療保険・傷害治療保険が自動付帯するクレジットカードを複数枚持つことがおすすめです。

自動付帯とはそのクレジットカードの会員というだけで保険が適用されると言うことです。

自動付帯のクレジットカードをおすすめするのは、利用付帯のハードルが意外に高いからです。シティカードのように、利用付帯条件が低い(空港までのタクシー、電車、バス代、航空券代、海外でのタクシー、電車、バス代、いずれかをシティカード払いすればその日から60日間適用される)ものもありますが、航空券代を決済しないと適用されないクレジットカードも多いです。例えば、マイレージを貯めて、特典航空券を取った場合は航空券をクレジットカード決済していないので、保険適用とはなりません。

また、複数枚所有をすすめるのは、傷害死亡・後遺障害保険とは違い、疾病治療保険・傷害治療保険は、発行会社の違う複数のカードを持っているとその上限金額が加算されるからです。年会費無料のAカードの疾病治療保険の限度額が200万円、B社の限度額が100万円の場合、合算金額の300万円が上限となります。傷害死亡・後遺傷害保険の場合、合算されず、お持ちのクレジットカードの内でもっとも高い保険金額を限度に按分される形になります。

以下では、疾病治療保険・傷害治療保険が付帯されるクレジットカードを紹介します。異なる発行会社のものを複数枚持つと上限金額が加算されるので、発行会社ごとに紹介します。

SBIカードの旅行保険は利用付帯ですが、家族特約が付いているのでご家族も補償対象です。

発行会社 カード名 国際ブランド 年会費 疾病・治療費用 期間 付帯条件
KCカード株式会社 KCカード JCB 実質的に無料(※1) 200万円 90日 自動
株式会社ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)
WEB入会でもれなく2,000円分のJデポプレゼント!
VISA/JCB 無料 200万円 90日 自動
R-styleカード
※リボ払い専用
MasterCard 無料
株式会社ジェーシービー JCB EIT
※リボ払い専用
※JCB EITのリボ払い手数料回避の方法はこちら
JCB 無料 100万円 90日 自動
イオンクレジットサービス イオンSuicaカード VISA/MasterCard/JCB 無料 50万円 90日 自動
三菱UFJニコス株式会社 MUFGカード イニシャル
※18歳~29歳の学生・社会人限定
VISA/MasterCard/JCB 1,312円
※在学中無料
※初年度無料
200万円(※2) 90日 自動
MUFGカード ゴールド 2,000円
※初年度無料
MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード
※18歳~29歳の学生・社会人限定
アメリカン・エキスプレス 1,312円
※在学中無料
※初年度無料
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 2,000円
※初年度無料
SBIカード株式会社 SBIレギュラーカード MasterCard 無料 200万円 90日 利用付帯
楽天カード株式会社 楽天カード VISA/MasterCard/JCB 無料 200万円 90日 利用付帯

(※1) 会員様専用オンラインサービス「KCCard online」に登録し、メール・アドレスを登録すると年会費が無料となる。

(※2) 初年度は疾病治療・傷害治療ともに200万円。前年のショッピング利用金額が20万円以上の場合、翌年度も200万限度。20万円未満の場合20万円限度となる。

おすすめの組み合わせは、「SBIカード+KCカード+ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)」です。いずれの発行会社が異なるので、傷害死亡・後遺障害保険以外の疾病治療費用保険や傷害治療費用保険、賠償責任保険などは合算可能です。SBIカードは還元率が1.0%~1.2%と高いので海外旅行代金の決済用に使います。年会費が一切かからないのに、合計で疾病治療費用保険が600万まで補償されます。

航空会社提携のクレジットカードと言うことでおすすめできそうなANAカード、JALカードの一般カードには、意外なことに、疾病・傷害治療保険が付帯していません。高頻度搭乗者(フリークエント・フライヤー)に度々保険金請求されては堪らない、ということなのでしょう・・・

なお、ご家族のいる方は、年会費がかかるゴールドカード、プラチナカードも検討の余地があります。ほとんどのゴールドカード、プラチナカードには、家族特約が付いています。家族特約によって、カード会員本人・家族カード本人のみならず、カードを持っていない配偶者、子供、両親なども疾病治療・傷害治療保険の対象となる場合があります。なお、家族会員の申込み資格と家族特約対象の要件は異なり、家族特約の対象範囲はカードによって異なりますので注意してください。

おすすめゴールドカードは、やはり、自動付帯のカードで、家族特約付きのものです。

※アメリカン・エクスプレス・ゴールド・カードの括弧内の数字は、旅行費用をクレジットカードで支払わなかった場合の適用金額です。

発行会社 カード名 年会費 家族会員の年会費 疾病・傷害治療費用(本人) 家族特約対象の保険 期間 家族特約の対象者
株式会社ジェーシービー JCBゴールドカード 10500円 1,050円
※1名様無料
300万円 200万円 90日間 本会員と生計を同一にする家族で、家族カードを所有していない19歳未満の子供
ANA JCBワイドゴールドカード 15,750円 4,200円 300万円 200万円 90日間
JAL・JCBカード CLUB-Aゴールドカード 16,800円 8,400円 300万円 300万円 90日間
株式会社クレディセゾン セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 10,500円
※初年度年会費無料キャンペーン中
1,050円 300万円 300万円 90日間 本会員の配偶者、本会員または配偶者と生計を共にする同居の親族別居の未婚の子
三菱UFJニコス株式会社 MUFGカード ゴールドプレステージ 10,500円 無料 200万円 200万円 90日間 本人会員の家族で、家族カードを保有していない配偶者、生計を共にする未婚で収入のない子供、生計を共にする収入のない同居の両親・義理の両親
MUFGカード・ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 21,000円 3,150円
※1名様無料
アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレーテッド アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 27,300円 12,600円 300万円(200万円) 300万円(200万円) 90日間 カード会員と生計を共にする両親・子供などの親族。生計を共にするとは、健康保険証を共用しているか税法上の扶養関係にある場合のこと、親族とは6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方を指す。

このページの先頭へ