FX初心者おすすめ業者を三つ紹介します

初心者に最適な100円で始められるFX会社もあります


FX口座開設キャンペーンを上手に利用する

初心者におすすめのFX業者として、マネーパートナーズ、外為どっとコム、サイバーエージェントFXを紹介いたします。いずれも口座開設キャンペーン中で、この三つだけでもトータル25000円の現金(+ミニノートPC)がもらえます。

多くのFX業者が口座開設で現金がもらえるキャンペーンを行っています。
FXの口座開設キャンペーンには大きく分けて以下の三つがあります。

●口座開設後、送られてくるIDとパスワードでログインするだけで現金獲得→マネーパートナーズ

●口座開設後、一定額を入金すると現金がもらえるパターン→外為どっとコムのネクスト総合口座

●一回取引すると、現金がもらえるパターン→サイバーエージェントFX、外為どっとコムのFXトレード口座

難度の低い上から順にクリアしていくと、トータルで25000円の現金を獲得でき、FXの知識も付くのでおすすめです。

マネーパートナーズ 10分程度で申込み完了。100円でFXが始められます。
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

FX新規口座開設後、送付されてくるIDとパスワードを使って、ログインするだけで現金3000円がもらえます。
入金すら必要のないキャンペーンは多分ここだけだと思います。
そして、初回入金を10万円以上すれば、さらに2000円もらえます。(真夏の口座開設キャンペーン:7月1日~8月31日まで)

最低証拠金100円から始められるFXnanoでは、100通貨単位での取引もできます。100通貨単位でも手数料無料。
かし、100円とはいっても、デモトレードとは違う、リアルなトレードです。
欲を張らずに適切に利益確定できるか、未練を断ち切って適切に損切りできるか、リスクコントロールのよい練習になると思います。
投資する際に顕れる自分の性格を知ることにも繋がります。

マネーパートナーズはHyper Speedという高機能FXトレードツールを提供してくれます。
54種類のテクニカル指標と9種類のチャートが使えます。
とてもわかりやすくリアルタイムチャートを表示してくれますので最初に使うツールとしておすすめです。
フィスコやロイターのFX関連ニュースも閲覧できます。

顧客から預かった証拠金はSG信託銀行(フランスの大手銀行ソシエテ・ジェネラル銀行グループ)に信託保全しています。
平日なら24時間つながるフリーダイヤルもあるので安心です。
また、マネーパートナーズでは、コンバージョンという外貨の両替も格安でできます。都市銀行の手数料の1/5の手数料です。
入金手数料も出金手数料も無料です(外貨の出金の場合は月5回まで)。

FX専業会社としては初の大証ヘラクレス上場企業です。2007年6月21日上場。


「外為どっとコム」初めての方におすすめ  10分程度で申込み完了です

外為どっとコム内には、中長期投資に向いているネクスト総合口座と、デイトレード向けのFXトレード口座があります。
口座開設後、ネクスト総合口座に初回入金30万円以上すると5000円がもらえます。
FXトレード口座で、3万通貨以上取引するとさらに5000円もらえます。どちらか一方だけでも大丈夫です。(2009年7月4日~2009年8月28日まで)

外為どっとコムは、FXの口座数・預かり資産ともに4年連続No.1
1000通貨単位からの取引も可能(通常1万通貨単位)で、レバレッジ1倍固定の取引(=外貨預金型)も可能です。初心者の人に最適です。

また、預けた証拠金は住友信託銀行に信託保存されていて、万が一会社が倒産してしまっても預けた証拠金は全額返還されます。
実際の取引をする前に、バーチャルトレード(仮想トレード)を行うことも可能です。
バーチャルトレードへの参加は無料。仮想の500万円を元手にFX取引を行います。成績次第で豪華プレゼントももらえます。



サイバーエージェントFX 10000円+ミニノートPC全員プレゼントキャンペーン実施中
株式会社サイバーエージェントFX
アメーバブログを運営しているサイバーエージェントのFX会社です。
口座開設後、1万通貨取引すると10000円もらえます。(2009年4月6日から2009年9月30日まで)
ドル・円スプレッドは1銭です。上の2社は2銭です。(スプレッドについては後述)

新規注文をどうすると決済できるのか(買ったものをどこをクリックしたら売れるのか、売ったものをどこをクリックしたら買い戻せるのか)充分シミュレーションした上で、取引に臨んでください。
最初は買ってすぐ売るでいいとおもいますが、慣れたら、マネーパートナーズのHyper Speedのチャートを見ながら取引をするなど、FX会社のいいとこ取りもおすすめです。

信託保全は三井住友銀行とみずほ信託銀行にしています。

FX会社がスプレッドにこだわる理由:
FXの説明で必ず出てくるスプレッド。「ドル円スプレッド1銭」とは?これは、ある瞬間のドルの売値レートが90.00円だとしたら、買値レートは90.01円という意味です。この場合、ドル円を1万通貨購入したら、900100円、それを瞬時に売ったら、900000円になります。この100円がFX会社の手数料になります。取引する人にとっては、このスプレッドは小さければ小さいほどいいわけですから、FX会社は競って「ドル円スプレッド2銭」とか「ドル円スプレッド1銭固定」とアピールする訳です。


参考:

FX口座開設までの流れ:


FXの口座開設のフローを紹介します。申し込むと、すぐに申込み完了のメールが届きます。メールには、本人確認書類送付先のメールアドレス、もしくは、本人確認書類アップロード用のurlが記されています。そこに携帯のカメラや、デジカメ、スキャナーで撮った身分証明書のコピーを送ります。この写真は他のFX会社に申し込むときにも使えますので保存しておくといいでしょう。もちろん、本人確認証をコピーした用紙を郵送することもできますが切手代がもったいないです。

審査終了後、ID、パスワードが記載された封書が書留で送られてきます。通常2週間ほどかかるクレジットカードの審査に比べると大分早いです。だいたい申込みの二日後には手元に届いています。今まで最短だったのは、【MJ】外国為替取引で、申し込み翌日の夕方には届きました。MJは、初回入金5万円以上+1取引で8000円の現金を獲得できます。

FX取引の三つの特徴

FX(外国為替保証金取引)とは、異なる通貨の売り買いを通じて、利益をだす取引のことをいいます。例えば、ドル買い/円売り、ポンド買い/円売りといった取引です。

FXの特徴としては、

「為替差益」
「スワップポイント(スワップ金利)」
「レバレッジ」

の3点が挙げられます。


ドル買い/円売りを行ったあと、ドル高円安(買ったドルが高くなって、売った円が安くなる)になれば、為替差益が獲得できます。1ドル100円の時にドル買いを買って、1ドル110円の時にドルを売れば、10円の為替差益を受け取れます。その逆の為替差損もあります。


スワップポイント(スワップ金利)とは、2ヶ国通貨間の金利差額のことをいいます。今現在は、円の金利より外国通貨の金利の方が高いため、金利差を受取ることができます。金利が高いオーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、トルコ・リラ、南アフリカランド・ドルなどは特に人気の通貨です。


しようとおもえば、レバレッジ(投資倍率)をかけて、自己資金以上の取引をすることもできます。FX会社に預けた金額以下の取引しかしなければレバレッジは1倍です。


外貨の定期預金をするくらいなら、レバレッジ1倍のFXをした方が有利といえます。
手数料が安い上、満期まで待たずに自由に取引できますし、それまでのスワップポイントもしっかりもらえるからです。

FX初心者のための用語解説

信託保全・・・FX業者が自社の固有資産と顧客から預かっている資産を区別して管理するために、金融機関と信託契約を締結し、顧客からの預かり資産(信託財産)を金融機関の信託口座で管理、保全すること。万が一のFX業者の破綻に際しても、顧客の資産が返還されるように、このような仕組みが取られています。信託保全管理、信託分別管理とも呼ばれます。