ANA AMEXカード | ANAアメックスの審査過程と機能

ANA AMEXの審査の流れとマイル還元率、旅行保険の内容を紹介


ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ANA AMEXカード)は、アメリカン・エクスプレス・インターナショナル社初めての日系航空会社との提携カードです。

2009年10月7日より募集が始まりました。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(年会費5250円)※2012年4月1日以降入会者および請求分より7350円に値上げ
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費32550円)
ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード(年会費32550円)

の3種類があります。

以下ではまず申し込みから審査結果到着までの流れを紹介し、次にANAマイルを貯めるのに最適なANA AMEXカードの内容を紹介します。

ANA AMEXカード申し込みから審査結果到着までの流れ

ANA AMEXカードのオンライン申し込み時の注意点として、申し込み画面で現在お持ちの「ANAマイレージクラブお客さま番号」を入力する点があります。既に、ANAマイレージクラブEdyカード等を持っている方はANAのお客様番号も持っています。ANA AMEXカードの発行とともに新たなANAお客様番号が付与されるので、その新しい番号に旧番号のANAマイル等の情報を引き継ぐ必要があります。ANA AMEXカードは、1枚でクレジットカード機能とEdy機能を併せ持っているので便利です。

10月7日の募集開始からすぐに入会申込をしました。申し込みから約2週間後に「カードお届けにあたっての本人確認書類の案内」が届きました。これが届けば審査通過ということになります。発行直後ということで申込者が多かったようで、通常より少し時間がかかったようです。

本人確認書類の案内が届いた二日後に、「本人限定受取郵便物等(特伝型)の到着のお知らせ」が届きました。「本人限定受取郵便物等(特伝型)の到着のお知らせ」には、ANA AMEXカードのお問い合わせ番号と、保管している郵便局の電話番号が記載されています。都合がいいときに、郵便局に電話し、お問い合わせ番号と、カードを受け取る際に提示する本人確認書類を伝えます。本人確認書類として使えるのは、運転免許証、パスポート、外国人登録証明書、各種健康保険証、年金手帳です。

ANA AMEXカードのポイントプログラム

カード利用金額100円につき1ポイント貯まります。還元率は1%です。アメリカン・エキスプレスは、JCBと提携しているので、JCBの国内ほぼ全ての加盟店でANA AMEXカードを利用できます。

ANAグループでクレジットカード支払いをすれば、ポイントは1.5倍になります。ANA SKY WEBなどでの航空券の購入、ANA機内販売、ANAスカイホリデーなどでのパッケージツアーの購入、astyleなどでの通信販売が、ポイント1.5倍の対象となります。

ANAカードマイルプラス(ショッピングアルファ)提携店で支払えば、ポイントとは別にANAマイルも自動積算されます。アメリカン・エキスプレスのポイントと、ANAマイルが同時に積算されるということです。

ANAカードマイルプラス(ショッピングアルファ)提携店・対象品には、

●ANAグルメマイル加盟の多数のレストラン●ANA/ANK/エアーニッポンネットワーク ●ANA SKY SHOP(全日空商事通信販売)●astyle ●高島屋 ●松坂屋 ●西武デパート●新日本石油 ●出光興産 ●メガネスーパー ●紳士服コナカ ●グリーンキャブ ●中央無線

などがありますが、ANA AMEXカード会員の場合、ロンドンのデパート「ハロッズ HARRODS」、「リバティ Liberty」、「セルフリッジ Selfridges」、パリの老舗パラソル店「アレクサンドラ・ソジュフェル Alexandra Sojfer」、韓国のデパート「ロッテ百貨店」、シンガポールの高島屋なども対象となります。

また、モバイルSuicaに対してもチャージ可能で、ポイントもしっかり1%積算されます。

ためたポイントは商品に交換したり、ANAマイルへ移行することができます。ポイントをANAマイルに移行するには、年会費5250円(※2012年4月1日移行、6300円に値上げ)の「ポイント移行コース」への登録が必要です。「ポイント移行コース」に登録すると、1000ポイント=1000マイル単位で、ANAマイルに移行が可能です。貯めたポイントを商品に交換するのでしたら、移行手数料などはかかりません。

ANAグループの航空会社に登場すると、ボーナス搭乗マイル+10%のマイルを獲得できます。

新登場のクレジットカードということで、キャンペーンが充実しています。入会ボーナスマイルが1000マイル、ANAアメリカン・エクスプレス・メンバーシップ・リワードが2000ポイント(こちらは2010年2月28日までに申し込んだ方対象)、入会後3ヶ月間の付与ポイントが2倍になります。さらに、電子マネーEdyに10000円チャージすると2000ポイント、モバイルSuicaに10000円チャージすると2000ポイント、電力、ガス、固定電話などの公共料金、携帯電話などに対しても10000円の支払いで1社に付き1500ポイント~2000ポイントという破格のボーナスポイントが用意されています。ANAアメリカン・エキスプレス・カードの最新のキャンペーン内容の詳細はこちら

※電子マネー、公共料金の支払いに対するボーナスポイントに関しては、カード入会後にキャンペーンにエントリーする必要があります。

さらに、期間限定ですが、Edyチャージに対しても200円につき1ポイント付与されます。ANA AMEXカードにはちゃんとEdyのIC機能が搭載されています。2010年4月7日までにクレジットカード申し込みをした方対象で、期間は入会後6ヶ月間です。先ほど紹介したボーナスポイントを合わせると、10000円Edyチャージすると、2050ポイントも貰える計算になります。できれば、永久的にポイント付与対象にして欲しいところです。期間終了後は、年会費無料でEdyチャージができ、ポイントも付くライフカードNTTグループカードなどを使えばいいでしょう。ライフカードは誕生月にはポイント5倍となり、ANAマイル還元率2.0%(ジェフグルメカード還元率なら3.3%)として使えるので、ANAマイラーの方は保有をおすすめいたします。保有コストはゼロ(年会費永年無料)です。

また、こちらは抽選ですが、「世界へ飛ぼう! 地球10周プレゼント」キャンペーンで、16組32名様に世界16都市へのANAの往復航空券(しかもビジネスクラス)が当たります。入会後、キャンペーンサイトから申し込みをする必要があります。2009年9月30日から2010年1月4日まで実施。無事に審査に通過し、カードを受け取った方は忘れずに申し込むようにしましょう。

ANA AMEXカードの旅行保険・トラベルサービス

海外旅行傷害保険は、傷害死亡・後遺障害補償最高3,000万円です。
国内旅行傷害保険は、傷害死亡・後遺障害補償最高2,000万円になります。

また、グローバル・ホットラインが利用できます。海外旅行先でレストランの予約したり、医療機関を紹介してもらいたい場合はこちらを利用しましょう。24時間日本語で対応してもらえます。通話料は無料かコレクトコールです。

空港ラウンジが利用できます。国内外の以下の空港でラウンジを利用できます。カード会員本人と同伴者1名が対象です。

新千歳/仙台/羽田第1/羽田第2/成田国際第1/成田国際第2/小松/中部国際/大阪国際/関西国際/神戸/広島/新北九州/福岡/鹿児島/那覇/ハワイ・ホノルル/ソウル・仁川

他者のゴールドカードでも利用できないソウル・仁川でラウンジを利用できます。

メンバーシップ・トラベル・サービスが利用できます。格安航空券の手配や、アメリカン・エキスプレス優待料金での海外ホテルの手配、パッケージツアー、ホテル、旅館の予約で便宜を図ってもらえます。

さらに、ANAアメリカン・エキスプレス・カード会員の方は、メンバーシップ保険デスクを通じて、生命保険、医療保険、傷害保険だけではなく、個人賠償責任保険、所得補償保険なども紹介してもらうことができます。

安心のプロテクション・サービス

クレジットカードを安心して使えるように、以下の三つのプロテクション・サービスが付いています。

年間最高200万円までのショッピング・プロテクション(ショッピング保険)が付いています。カードで購入した商品が、購入日から90日以内に破損・盗難などの損害を受けた場合に補償されます。

オンライン・プロテクションによって、安心してネットショッピングを楽しめます。インターネット上での不正使用による損害が全額補償されます。

また、万一、カードの盗難・紛失にあった場合、国内外を問わず、通常翌営業日には無料でカードを緊急再発行してもらえます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳しい情報はコチラから

ANA AMEXカードの限度額(利用可能枠)について

一般的に、送付されたクレジットカードが貼り付けられている台紙にカードの限度額(利用可能枠)が記載されていることが多いですが、ANA AMEXカードには記載されていません。ただし、サポートセンターに問い合わせれば教えてくれますので、利用開始する前に問い合わせされることをおすすめいたします。

アメリカン・エキスプレス・インターナショナルの会社概要

ANA AMEXカードの発行元であるアメリカン・エキスプレス・インターナショナル(American Express International)の会社概要を紹介します。

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル社は、1850年、米国ニューヨーク州バッファローにて設立されました。元々は名前の通り運送会社です。1891年に世界初のトラベラーズ・チェックを発行しています。その後は、クレジットカード、トラベラーズ・チェック、保険、旅行手配業務などを扱う総合的な金融・旅行会社として発展。

1917年には横浜に日本初の支店を開設しています。戦後は日本円でのトラベラーズ・チェックの発行や、セゾン、三菱UFJニコス、ANAとの提携カードなどで日本でもおなじみとなっています。アメックス・プロパーカードとしては、グリーン、ゴールド、プラチナ、ブラック(センチュリオン:centurion)のカードを発行しています。