イオンで最も得する買い物方法【13%割引】

イオンで最も得する買い物方法を紹介します。条件さえ満たせば最大13%割引が可能です。

イオンだけではなく、マックスバリュ、ビブレ、イオンスーパーセンター、フォーラス、ザ・ビッグ、スーパーワイドマート、まいばすけっとなどのグループ系列店でも利用できますので利用価値は高いです。

イオンカードセレクトで買物代金5%割引

イオンクレジットサービス株式会社が発行する「イオンカードセレクト」を入手します。クレジット機能、イオン銀行のキャッシュカード機能(カードローン機能)、WAON機能が一体になった多機能カードです。イオンカードには、JALマイレージバンクやベネッセ、JR東日本のSuicaとの提携カードなどを含め50種類以上ありますが、その中でもイオンカードセレクトを選んで下さい。理由は後述します。

毎月20日・30日はイオンカード会員限定の「お客さま感謝デー」で、全国のイオン、マックスバリュ、ビブレ、メガマート、イオンスーパーセンターなどの各店舗のレジにて、イオンカードセレクトを提示するとその場にて買物代金が5%割引になります。

WAONチャージでポイント二重取り

ショッピング代金が5%割引になる「お客さま感謝デー」(毎月20日・30日)では、イオンカードを提示さえすれば、支払方法は問われません。現金でも商品券でもイオンギフトカードでもクレジット決済でもWAON決済でもその場で5%割引が適用されます。

では、支払方法は200円=1ときめきポイントが付与されるクレジット払いが最適か?

いえ、違います。WAON払いです。

WAONで支払いをすると200円=1ポイントの換算率でWAONポイントが付与されます。WAONポイントは1:1の交換比率でWAON電子マネーに移行可能で買物代金の充当に利用できます。それでは還元率はクレジット決済時と同じではないか、と思われるかもしれませんが、ここに、50種類もあるイオンカードの中から「イオンカードセレクト」を選んだ理由があります。

イオンカード中、唯一「イオンカードセレクト」のみ、WAONのオートチャージでポイントが付くのです。イオン銀行普通預金口座の残高からチャージされます。イオン系列店内にあるWAONステーション、もしくはWAONネットステーション(ICカードリーダライタが必要)で、事前に「WAON残高が◯円以下になったら、◯円を自動でチャージする」と設定しておきます。月間WAONオートチャージ金額200円毎に1WAONポイントを獲得できます。

チャージで0.5%、利用で0.5%のWAONポイントを獲得する二重取りで還元率はイオンカード決済を超えるのです。

イオンカードキャンペーン画像

イオン株主優待カードで最大7%キャッシュバック

前項までの2つの方法での割引率は合計6.0%。残りの7%を埋めるのがイオン株主優待カードである「イオンオーナーズカード」です。

毎年8月末日、2月末日の「株主権利確定日」にイオンの株式を100株以上保有していると、株主優待特典としてイオンオーナーズカードが2枚贈呈されます。

イオン、マックスバリュ、ビブレ、フォーラス、ザ・ビッグ、まいばすけっと各店でのレジで株主優待カードを提示すると、買上金額に、持株数に応じた返金率を乗じた金額が半年ごとにキャッシュバックされます。

持株数 100~499株 500~999株 1,000~2,999株 3,000株以上
キャッシュバック率 3% 4% 5% 7%

但し、利用限度額が決まっていて、2枚の利用分で、半年間で100万円までの買物代金が返金対象となります。年間最高200万円まで返金対象になるというわけですね。キャッシュバック率は最高で7%ですから、最大で年間14万円のキャッシュバックが受けられるわけですね。

さて、イオンの株価はいくらかと言うと、2013年12月3日の終値が1,374円です。137,400円あれば、イオンの100株株主になり、株主優待特典を得られるということですね。

毎年8月末日、2月末日の「株主権利確定日」に株主名簿に記載されるためには、「株主権利確定日」を含む4営業日前の「権利付き最終日」までに株式を購入しておく必要があります。2012年8月の場合、8月28日の内にイオンの株を購入しておけば、配当(100株につき1,200円)とイオンオーナーズカードをゲットすることができます。8月29日は権利落ち日となり、この日にはもう株を売ってしまっても構いません。極論すると、1日だけオーバーナイトで株式を保有すれば株主優待特典は得られます。

ちなみに、私は楽天証券とSBI証券の口座を持っていますが、株は基本的にSBI証券を通じて購入しています。SBI証券には「貸株サービス」というサービスがあり、証券会社に保有する株を貸し出すことで利息が得られるからです。イオンの場合、貸株金利が0.1%(2013/12/03現在)あります。下手な定期預金より金利が高いです。「優待権利自動取得」設定をしておけば、株主優待と貸株金利をダブルで取得可能です。

なお、イオンオーナーズカードがあると、一部のイオン店舗に設置されているイオンラウンジの入室も可能です。買い物の合間の休憩に便利です。トップバリュのお菓子、ソフトドリンクもいただけます。

このページの先頭へ