携帯代金の節約方法 いますぐできる


携帯代金の節約方法 いますぐできる


携帯代金の節約方法です。二つの方法があります。

まず一つ目はクレジットカードを使ってNTTドコモを含むNTTグループ全体の料金を安くする方法。
二つ目はプラチナ・ラインを利用して、ソフトバンク、auなども含む携帯電話の料金と固定電話の料金を安くする方法です。

NTTグループカードで節約する

携帯代金が高いと思っている人にとっておすすめの節約方法は、NTTファイナンスの発行するNTTグループカードで携帯代金を支払うことです。NTTグループカードの入会金・年会費は無料です。

NTTグループカードは、

・NTTドコモの携帯代金
・NTT東日本・NTT西日本・NTTコミュニケーションズの固定電話代金
・NTT-ME、光電話、@nifty、BIGLOBEなどのプロバイダー代金

の合計金額の最大60%をキャッシュバックするというユニークなサービスをしています。

キャッシュバック率は、カード利用金額の合計によって決まります。カード利用金額とキャッシュバック率の関係は以下の通りです。

月間カード利用金額は、NTTグループの利用料金以外も含めたトータルのクレジットカード利用額です。
キャッシュバック率は、NTTグループの利用金額の合計金額に対するキャッシュバック率です。なお、キャッシュバック対象額の上限金額は15000円となっています。

月間カード 利用金額 キャッシュバック率
0~19999円 0%
20000円~39999円 1.5%
40000円~59999円 3.0%
60000円~79999円 4.5%
80000円~99999円 6.0%
100000円~199999円 8.0%
200000円~299999円 18%
300000円~399999円 28%
400000円~499999円 38%
500000円~599999円 50%
600000円~ 60%

計算してみるとわかると思いますが、NTTドコモの携帯代金やNTTの固定電話料金、フレッツADSLやフレッツ光などのプロバイダー料金の高い人(合計金額が15000円に近い人)ほど、キャッシュバック額がお得になります。

年会費無料のクレジットカードでありながら、1%以上の割引を受けられるので、NTTグループ全体の利用料金が高くて困っている人におすすめのクレジットカードです。

また、NTTグループカードには、出光サービスステーション(SS)でのガソリン代が1リットル当たり2円~40円(上限100リットル)割引になる、お得な機能も備わっています。

NTTドコモの携帯電話料金だけではなく、出光サービスステーションでのガソリン給油代金も安くすることができます。

【今なら入会及びサービス申込みで最大3000円がキャッシュバック!!】
NTTグループカード申し込み

プラチナライン加入で、携帯から自宅への電話が安くなる

プラチナ・ラインに加入すると、自宅固定電話からの市内通話、県内市外通話、県外通話、国際通話いずれもが安くなります。最初だけ800円(税込840円)の登録料がかかりますがすぐにペイする金額でしょう。最初に登録料800円がかかるだけで、それ以後は月額料金などはかかりません。

さらに、プラチナラインに加入すると、(利用頻度が多いと予想される)携帯電話から自宅の固定電話への料金を割り引くサービスも無料で利用できます。3回線まで登録できるので、ご家族の携帯電話を登録するといいでしょう。NTTドコモだけではなく、au、ソフトバンク、イーモバイルの携帯電話も登録できます。PHSのウィルコムは対象外です。このサービスを利用すると、携帯電話から自宅への通話料金は携帯電話料金としてではなく、NTT東日本・西日本の固定電話料金として請求されるようになります。

プラチナラインは、家の固定電話の電話料金を安くするだけではなく、登録した携帯電話から自宅への通話料金も安くしてくれるのですね。

国内・国際・携帯への通話がまとめておトク!


まとめると、プラチナライン加入で自宅固定電話料金と携帯電話から自宅への通話料金を安くする、そのNTT固定電話とNTTドコモの代金はNTTグループカードで支払って更に安くする、となります。どちらも一度加入手続きをしてしまえば、あとは継続的に割引になるのでおすすめです。

携帯電話の新規契約をお考えなら

携帯電話の新規契約を考えている方で、携帯料金を安く抑えたいと考えている方には、イーモバイルの携帯電話がおすすめです。イーモバイル同士なら、月額780円で24時間話し放題です。イーモバイル加入者同士のSMSも24時間利用し放題になります。携帯電話で発信するよりも受信する方が多いという人におすすめです。

同業他社と同じように、月額料金の他に、携帯電話機器の購入価格を24ヶ月で分割払いすることになります。月々の支払料金は、携帯電話機器の価格の分割払い+780円になります。

とりあえず、携帯電話は(他人から掴まるように)持っているだけでよいという方には、本体価格が一番安い「H11HW」がいいでしょう。購入時のお支払金額は1円、月々の料金はトータルで1280円です。イーモバイル以外に通話・メールをすれば、1280円の他に通話料金とデータ通信料金がかかります。2年以内に解約すれば契約解除料金がかかります。

携帯電話料金を節約したい方は、イーモバイル携帯を2年以上利用するのがいいでしょう。2年目以降は1月当たりの携帯料金が780円になります。