三菱東京UFJ銀行の外国送金手数料

円預金から送金する場合と、外貨預金から送金する場合


三菱東京UFJ銀行の外国送金手数料を紹介します。

外国に外貨を送金するには、「為替手数料」と「送金手数料」がかかります。

まず、円普通預金から、外国に送金する場合を考えてみます。次に、外貨普通預金から外国に送金する場合を考えてみます。
わかりやすいように、1ドル=100円で、1万ドル送金する状況に設定します。

円普通預金から外国に送金する場合

まず、円をドルに両替する為替手数料がかかります。1ドルにつき1円です。
※銀行で顧客提示されるレート(いわゆるTTSレート)は既にこの1円を含んだレートとなっています。

1万ドル送るのにかかる手数料は、1万円です。

実際の送金にかかる手数料(送金手数料)は、送り先が、

三菱東京UFJ銀行の本支店・現地法人の場合、3000円
他行宛の場合、3500円

となっております。

つまり、三菱東京UJF銀行の円普通預金から、外国の銀行に送金する場合の総手数料は、

三菱東京UFJ銀行の本支店・現地法人の場合、13000円(為替手数料10000円+送金手数料3000円)
他行宛の場合、13500円(為替手数料10000円+送金手数料3500円)

となります。

1万ドル送るには、101万3000円もしくは101万3500円必要という訳です。

外貨預金から外国に送金する場合


次に、三菱東京UJF銀行に外貨預金を持っている場合を考えます。

外貨預金を持っているなら、為替手数料はかかりませんね。

しかし、外貨預金から外貨を送金する場合、上述の送金手数料にプラスして、2500円の外貨取扱手数料がかかります。

つまり、送金先が、

三菱東京UFJ銀行の本支店・現地法人の場合、5500円(送金手数料3000円+外貨取扱手数料2500円)
他行宛の場合、6000円(送金手数料3500円+外貨取扱手数料2500円)

の手数料がかかると言うことです。

FXの両替サービスを利用して、格安に両替する


FX会社の外貨両替サービス(コンバージョン)を利用すると、三菱東京UFJ銀行の1/5のコスト(1ドルにつき20銭)でドルに交換できます。

そして、そのドルを、無料で、シティバンクの口座(マルチマネー口座)に送金することができます。

シティバンクの場合、マルチマネー口座のドルを、外国に送金する場合の手数料は3500円ですので、三菱東京UFJ銀行より割安です。

シティバンクの口座を新規に開設した場合は、口座開設月を含め翌々月末まで、外国送金手数料が2000円になりますのでお得です。その後は、3500円に戻ります。月間平均預金残高が100万円以上あれば、その後も2000円の優待手数料を受けられます。


1ドルにつき20銭でドルに交換できて、シティバンクの口座に無料で出金できるのは、以下の2社です。


マネーパートナーズ ログインするだけで3000円がもらえるキャンペーン実施中です。
口座開設費用・維持費用0円。入金手数料0円。
外貨の出金手数料が月5回まで無料。
新規の口座開設で5000円のキャッシュバックキャンペーン実施中。
わからないことがあれば、フリーダイヤル(0120-860-894)で質問できるので安心です。わたしも大いに助けられました。

ひまわり証券【ひまわりFX】
こちらも口座開設費用・維持費用0円。入金手数料0円。
出金手数料は何度でも0円。


まとめると、

三菱東京UJF銀行で、外貨に両替して、三菱東京UJF銀行から、外国に送金するより、
FXの両替サービスで、外貨に両替して、シティバンクから、外国に送金した方が割安でお得!